ホットフラッシュ 意味

ホットフラッシュ 意味 英語に2種類あるみたいだけど?

スポンサードリンク

ホットフラッシュは身体の何を表しているのか?更年期以外の原因は?

 

更年期の症状で最も多いのがのぼせ、ほてりです。

 

これを英語圏の人が表現するときにhot flashあるいはhot flushと表現します。

 

それぞれ、アメリカ英語とイギリス英語ですが、ニュアンスが微妙に異なります、これは両国の文化的な違いも影響するのかもしれませんね。

 

でも、それらをひっくるめて日本語にしたのがホットフラッシュです。

 

 

こののぼせやほてりは昼夜に関係なくいきなり起こるのが特徴です、突然熱くなって汗が出る。

 

でも、ある程度は起こりやすいタイミングが分かっています。

 

たとえば、初めての人に会う、娘さんの結婚相手が決まって向こうの親戚と逢う顔合わせの時に激しく起こるなど、緊張、精神的ストレスがきっかけになりやすいことはよく知られています。

 

中には、そういうことが億劫で人前に出ること、外出を避けるようになる方も少なからずいらっしゃいます。

 

 

また、昼夜の区別なくいつでも起こると書きましたが、もう一つ起こりやすいのは夜中です。

 

寝ようとして布団に入ってしばらくすると、あるいはいったん寝入ってから夜中にホットフラッシュが起こることがあります。

 

これは睡眠不足の基になりますし、イライラが蓄積して他の症状につながることもあります。

 

 

あえて言えば、緊張して出るのが「flush」、寝ているときに出てびっくりするのが「flash」という感じです。

 

社会的に他人との距離が近いのがイギリス、隣の家と1q離れていても珍しいことではないのがアメリカ、そう思うと綴りが違うのもなんか納得できる気がします。

 

(私の独断と偏見に基づく印象ですのであしからず。)

 

 

このホットフラッシュ、更年期だけの問題であるとは限りません。

 

高血圧がある人や甲状腺機能亢進症などの卵巣以外のホルモン産生臓器の問題でこれが発症する人もいます。

 

怖いのはこの諸症状ががんや自己免疫性疾患などの存在に誘発されることもありうるという部分です。

 

 

時にはこれらの複数の原因が重なることもありえます。

 

のぼせや発汗などのホットフラッシュという症状が起こった人で、

 

体重減少とか、

 

咳が止まらないとか、

 

皮膚に発疹が出ているとかいう方は、

 

ホルモン変化が原因だと決めつけずにほかに原因疾患がないかを調べることが大事です。

 

その意味ではホットフラッシュの症状、個人個人が冷静に観察してかかりつけの内科や婦人科の医師に相談してみることが大事だと思います。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ