ホットフラッシュ 原因

ホットフラッシュが起こる原因とメカニズム

スポンサードリンク

卵胞発育はプログラミングされています

 

ホットフラッシュの原因は自律神経による体温調節が不安定になっていることです。

 

ではどうして自律神経の調節機構が不安定になるかというと、いくつかの原因がありますが一番わかりやすいのは、40代から50代の女性で卵巣の機能が低下してきて卵巣ホルモンの分泌が不安定になることにあります。

 

これ、具体的にはどういうことが起こっているかというと、卵巣の中で毎月育つはずの卵子が育たなくなってきていることによります。

 

 

女性の卵巣の中には生まれたときから数万個の未熟な卵子が用意されていて、それが思春期、生理が始まることから卵巣の中で発育して、成熟卵子に育つのですね。

 

その卵子はひとつひとつ卵胞という袋の中で育つのですが、その卵胞を構成する顆粒膜細胞や莢膜細胞が卵巣ホルモンを作ります。

 

これらの細胞は卵胞が育つ過程では主にエストロゲンを作り、成熟卵子が排卵した後には黄体細胞へと変化してプロゲステロンを作ります。

 

これらの二相性のホルモン分泌が女性の身体を毎月びしっとコントロールしているのです。

 

 

そして、実はこれらの卵胞細胞の機能をコントロールするのは卵子そのもののクオリティだったりします。

 

中身がしっかりしていれば、側もしっかりするのです。

 

 

卵巣の中の卵子、生まれたときからたくさん用意されています。

 

その中でも優良な卵子から成長して、排卵のたびに数十個の卵胞が一斉に発育し、一番質の良いものだけが競争に勝って排卵されます。

 

(精子のそれほどではないけれども戦いがあるわけです。)

 

 

これ、若い頃には優秀な卵子がどんどんその戦いに参加しますけど、用意された卵子は全部で数万個しかありません。

 

優秀な卵子がどんどん使われていくと、次第に、今一な不良品の卵子ちゃんたちばっかり残るようになってきます。

 

 

そうすると、40過ぎたあたりから、育ち始めたものの、排卵に至るまでに育てない卵子の頻度が増えてきますよね、数十個が卵胞発育の競争に参加するけど、誰もゴールまでたどり着ける能力を持っていないというわけです。。

 

すると、卵子を育てる役目の卵胞の細胞も頑張るのをやめます。

 

つまり、ホルモンを十分に産生できないままに働くのをやめてしまうのです。

 

 

更年期の前までは定期的に強烈に自律神経系を動かしていた卵巣ホルモン分泌が腰砕けになっちゃうんですね。

 

それで、自律神経は、今が一体性周期のどこなのかわけわからなくなります。

 

そして乱れてしまっていろんな症状が出るのが更年期障害、その中でも体温調節が混乱してしまうのがホットフラッシュというわけです。

 

 

おわかりいただけましたでしょうか?

 

更年期の女医さんが、

 

「理屈がわかればわかるほど自分の身体の変化になんかムカつくわ。」

 

と思うのも無理からぬ話ではありますよね・・・。

ホットフラッシュが起こる原因とメカニズム記事一覧

ホットフラッシュ 意味 英語に2種類あるみたいだけど?

更年期の症状で最も多いのがのぼせ、ほてりです。これを英語圏の人が表現するときにhot flashあるいはhot flushと表現します。それぞれ、アメリカ英語とイギリス英語ですが、ニュアンスが微妙に異なります、これは両国の文化的な違いも影響するのかもしれませんね。でも、それらをひっくるめて日本語にし...

≫続きを読む

 

自律神経とホットフラッシュの場所

自律神経というのは自分の意思に関係なく作動している末梢神経のことです。起きている間に活動する交感神経は首から腰までに存在する脊髄部分に大元があってそこから伸びています。逆に、寝ている間に活動する副交感神経は首よりもちょっと上ぐらいの高さから上と、腰より下の骨盤のあたりに大元が分布していて、それが全身...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ