ホットフラッシュ 対処方法

ホットフラッシュ 対処方法

スポンサードリンク

ホットフラッシュへの対処方法について考えてみる

ホットフラッシュの症状を改善するためにどのような対策・方法があるのかについてまとめてみようと思います。

 

薬だけではない、複数の方法について

 

産婦人科医としては少々変わったことを書くかもしれませんが・・・。

 

 

ホットフラッシュ、特に更年期のそれが女性ホルモンの変化を根本的な原因とするものであることを考えると、やはり一番良いのはその女性ホルモンの変化をマイルドにすることです。

 

ダイレクトな改善方法はホルモン補充療法ということになります。

 

 

これまでの30年以上にわたって毎月のように排卵があり、生理があり、ときには妊娠と出産、授乳もあったわけで、そのような様々な状況変化に対応するために女性の体はたくさんの女性ホルモンを自分で作り出し、それによって体調を制御してきたのです。

 

それがなくなるので、調子がおかしくなるわけで。

 

 

 

・・・では、ホルモン補充療法をみんなにお勧めするかといえば、私は、今のところは全員にはお勧めしていません。

 

 

今のような医療の発達した文明社会に生活する以前には、我々はホルモン剤なんて手に入れることはできなかったわけで、それどころか女性ホルモンの仕組みなんて知りませんでした。

 

だから、農耕文明が始まる前の狩猟採集生活が数十万年続いているのが人類の歴史であり、そこで我々の体の基本は完成しているはずです。

 

そのとき、人間本来の生活リズムの中にあり、更年期やホットフラッシュの症状に対処するために、我々はホルモン補充療法以外の方法を使っていたわけです。
(旧石器時代のころには平均寿命ははるかに短かったので、何の対策もしていなかったかもしれませんが。)

 

 

そう考えると、食事を中心としたライフスタイルを見直したり、昔からある食べて治す的な発想の方が我々の身体にはマッチしているのかもしれない。

 

精製された物質から作る薬としてではなく、もっと簡単な方法で薬草をそのまま、あるいは煎じるなどして得られる成分を摂取することで更年期の諸症状にも対処していた、それらの方が我々の身体には合っているはずです。

 

 

長くなってしまいますが、そういうことを考えながら、対処法についてこのカテゴリでは考えていこうと思います。

ホットフラッシュ 対処方法記事一覧

ホットフラッシュ対策の汗止め帯

カテゴリのトップに書きましたが、我々がホットフラッシュの症状に対して様々なホルモン補充療法を行えるようになってきたのはほんのこの50年ほどのことです。日本に入ってきたのはそれから10年ほど遅れます。さらに、厚生省の規制の壁でさらに様々な制限が付いたので、諸外国並みに様々な薬が使えるようになったのは1...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ