ホットフラッシュとは

ホットフラッシュ 症状・治療・対策 産婦人科医のウェブノート

スポンサードリンク

ホットフラッシュとは

 

ホットフラッシュとは顔や背中、胸元などの身体の一部が、あるいは全身がいきなりカーッと熱くなったり、かと思うとその後一気に寒気がおそってきたりと、体温コントロールがうまくいかなくなる症状を指します。

 

 

英語では「hot flash」または「hot flush」と表記されますが、この違いは北米英語(flash)かイギリス英語(flush)かによります。

 

ニュアンスとしてはちょっと違っていて、北米英語のflash(訳語の第一は光のフラッシュです)には汗をかく暑さ、その後に寒気が来るような、病気で急に発熱するイメージの暑さを表すイメージが強いです。

 

イギリス英語のflushの単語の響きは突然くる熱感、という感じです。

 

これはblush(カーッと頬が熱くなる)とも重なる印象ですね。

 

 

でも、どちらも日本語で言うところのホットフラッシュを指すので、好きな方を使えってことでした(英語のホットフラッシュのサイトに書いてあった説明を拝借しました)。

 

・・・ホットフラッシュの語源なんかどうでもよかったですかね。

 

 

で、この症状は男性でも女性でも起こりうるのですが、実際にホットフラッシュの症状を呈する方々の圧倒的多数が40代と50代の女性、つまり更年期前から更年期の渦中、さらには終わってしばらくの女性です。

 

このほかには乳がんや子宮体癌などの卵巣ホルモン依存性のがんの治療中の方、

 

子宮筋腫や子宮内膜症などの治療のためにホルモン分泌抑制療法を受けている方、

 

妊娠初期の方、

 

卵巣機能不全のある方なども含まれます。

 

 

さらに、生理は普通にある人でも自律神経失調症がある場合に起こりやすくなります。

 

このように、ホットフラッシュの症状で悩まれている方は卵巣ホルモンの分泌バランスと自律神経の活動に乱れがあると考えられます。

 

ここではホットフラッシュの症状と原因、それへの対処方法などについて書いていこうと思います。

スポンサードリンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ